面接などのストレスで発症しやすく適度なリフレッシュが大切

サイトメニュー

特徴を知って正しく対処

髪を触る男性

特徴と治療

就活うつ病は、就職活動を行う時に感じるストレスによって発症することがあるうつ病のことです。就職活動自体はその人によって費やす期間が違っており、早く就職先が決まる人もいれば、なかなか決まらずに焦ってしまう人もいます。そのため、この期間中に就職活動に関するストレスにさらされ続けることによって精神を病んでしまうと、結果的に就活うつ病を発症してしまうのです。ただ、一般的なうつ病と同様に必要に応じて専門医の診断を受けて正しく対処すれば症状の改善を図ることは十分可能です。症状はやる気がなくなるなど精神的なものも多数報告されていますが、食欲をなくしたりめまいがひどくなったりするなど身体的症状が出てくることもあります。原因となるストレス自体はうまく発散できればそれほど問題はないのですが、溜め込んでしまうと色々な症状が出てきます。したがってまずは自分に異変が起きていることを感じ、さらにその時に正しく対処するためにもその症状を正しく理解することも必要です。また自分が病気であることを認識し、専門医に早めに相談することが就活うつ病を改善するための第一歩だと言えます。また、就職活動をやめる、何もせずにまずは休む、外で活動して太陽光を浴びるなども、専門医への相談と同様に就活うつ病の改善に効果が期待できる方法となっています。ただ、症状が出てから対処することも可能ですが、実は就活うつ病自体はある程度予防することもできます。可能であれば就職活動を少し休んでみるとか、上手にストレスを発散するということが予防法にあたります。ストレス発散としては誰かに相談するなども有効ですが、好きなことをするとか、カラオケを楽しむ、テーマパークで遊ぶなども有効だと言われています。

就活うつ病になった場合、早期の発見であれば就職活動から少し離れるだけでも改善が期待できる場合も少なくありません。しかしすでに症状が進行している場合は医療機関に相談して治療を受けなければならないこともあります。その場合、治療費が発生しますが、治療によってだいたい3ヶ月くらいでその症状がかなり軽くなるという人もいます。ただ、中には半年くらいは時間がかかってしまう人もいるので、治療費自体はその人によっても違います。基本的には医療機関で治療をする場合、その費用は健康保険の対象となるので基本的には3割負担となります。だいたい1ヶ月に1回か2回通院する形が一般的となっており、月1の通院なら三千円から三千五百円程度、月2の通院なら六千円から七千円程度の費用が発生します。年額であればだいたい7万円強ということになるので、その金額が治療費の相場となっており医療機関を選ぶ時の参考としても活用できます。就活うつ病は色々な方法でアプローチできますが、医療機関を受診する場合、その人の症状によって治療法が変わってきます。ただ医療機関であれば投薬治療を受けることもでき、さらに上手に薬を利用することでうつ症状をうまくコントロールすることも可能です。したがって、就活うつ病により一人で苦しまずに済むだけでなく、放置することで症状の悪化を防げるということもあるので、医療機関を受診することは効果が期待できると評価されています。そのため、もしかしたら就活うつ病ではないかという時も、自分で判断してしまうのではなくまずは医療機関で専門医に相談する方が良いと勧められることも少なくありません。

Copyright© 2019 面接などのストレスで発症しやすく適度なリフレッシュが大切 All Rights Reserved.