面接などのストレスで発症しやすく適度なリフレッシュが大切

サイトメニュー

未来を見据えた就活

困っている人

理想と現実の受け止め方

真面目な性格な人というのは何よりも信頼されやすく、社会生活でも真面目でいることが大事だといわれます。しかしこの真面目というのは、人からの頼み事を断れなかったり、約束事を守るあまりに融通が利かずにストレスも抱えやすい性格にもなります。そんな人がかかりやすい病気では、うつ病があり今の時代「就活うつ病」などという症状も流行っているのも事実です。多くの学生にとって就職活動は人生を決める重要なターニングポイントとなり、自分の理想とする企業に入ることがベストになります。中には理想とする企業に就職ができない人では、楽観的に考える人の場合はいいのですが、なぜ自分はダメなんだろうと考え込むタイプは気をつけなくてはいけません。就活うつ病の場合には、なりやすいタイプにも種類があり「完璧主義者」だったり「評価を気にする」などの周りの目を気にする人もいますし、「ネガティブ思考」などもあります。完璧主義者の特徴としては、まず自分のペースだったり理想を順序良くこなすことがベストだと考えるので、不測の事態を予見することができない人が、挫折するとうつになる傾向です。評価を気にする人の場合は、他人との違いを考えすぎることで自分なりの良さを引き出すことができずに自滅をしてしまいます。ネガティブ思考では世の中に必要とされていない気持ちが選考してしまい、面接段階で受かることができないことも少なくありません。就活うつ病では、これらの種類によって何をして解消するといいのかを理解するところから始まります。

もし自分や友人が就活うつ病が疑われる場合には、放っておかないで早い段階で克服することが大事になります。気をつけることのひとつに「気分転換」があり、計画通り進まなくなっているとストレスを感じるようであれば、趣味に没頭したり運動をしたりすることも方法となります。そうすることで気持ちがリフレッシュされて、うつ病の原因でもある脳内でも正常な判断ができるように変ってくることも期待できます。気持ちはわかりますが、自分の就活が上手くいかないとふさぎ込むよりも、意外と効果があるのは他人と話をしてみることもひとつの方法です。友人でも同じような悩みを持っている人もいますし、うまく解消の仕方や考え方も変化することで就活しやすくなります。そして場合によっては心療内科に行って相談をすることで、専門家のアドバイスや薬を処方してもらうことで就活うつ病を克服することが可能です。いろいろな手段がありますので、就活うつ病で気をつけたいのはひとつのことに集中するのではなく、目線を変えてみることも大事になります。自信を持って欲しいのは、これらの症状になるということは、それだけ真面目に受け止めているからに他なりません。真面目な人ほどなりやすいといいますし、悩みを持って社会にでることで、人間としての成長を遂げるようになることは間違いないことです。また就活は運もありますので、タイミングが合えば今まで上手くいかなかったことは「なんだったのか」と思えるようになります。また先に触れた運動をすることでも効果があるのは、脳内が刺激されて乱れていたホルモンバランスが整うからです。

Copyright© 2019 面接などのストレスで発症しやすく適度なリフレッシュが大切 All Rights Reserved.